マンチカンの特徴や性格、飼い方について

マンチカンの特徴や性格、飼い方について

短足でちょこちょこ歩く何とも愛らしいマンチカンの特徴や性格、飼い方についてご紹介します。マンチカンを飼っている人はもちろん、これからいっしょに暮らしたい、飼えないけどもっと詳しく知りたいという方、ぜひお読みください。

猫種 マンチカン
英語表記 Munchkin
原産国 アメリカ
毛種 短毛種・長毛種

マンチカンの歴史

トラックの下で暮らしていた猫が起源

マンチカンの歴史は浅く、アメリカのルイジアナ州で1983年に発見された短足猫が起源と言われています。その猫はトラックの下で暮らしていた野良猫で、保護されてブラックベリーと名付けられました。

それ以前にも足の短い猫は、イギリスやロシアなどで報告されていましたが、本格的に繁殖が行われるようになったのはブラックベリーが始まりです。やがて、ブラックベリーは子を宿し、出産します。すると、驚くことに生まれた子猫の半分が、ブラックベリーと同じ足の短い猫だったのです。このうちの1匹は、トゥルーズと名付けられ、ブリーダーによって繁殖が行われました。

マンチカンと命名される

トゥルーズから始まった繁殖は順調に進められます。ただし、当初は遺伝性疾患のリスクを下げる目的で、短足猫同士の交配は避けられていました。こうして生まれた短足猫は、「オズの魔法使い」に登場する小人から名前を拝借して、「マンチカン」と命名されました。

マンチカンを巡って論争が起こる

1991年、マンチカンは、ニューヨークのキャットショーで初めて披露されます。ところが、短足という独特の風貌の猫を見た人々の反応は、さまざまで賛否両論が巻き起こります。当時、遺伝性疾患や免疫力の弱さを心配する否定的な意見と、独特の愛らしい姿を支持する意見に分かれたと言われています。

特にブリーダーが行っていた異種交配は論争の的となり、交配を積極的に行いたい側と、遺伝的な異常があるから認めるべきではないという側の対立は今も続いています。

猫種として認定される

1995年、国際的な血統登録団体である「ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション(TICA)」は、マンチカンを猫種として認定しました。

マンチカンの特徴

マンチカンの特徴

ダックスフンドのような短足の猫

マンチカンの最大の特徴は、ダックスフンドのような短足です。ただし、普通の猫と変わらない足の長さのマンチカンも多く、短足の発生率は2割程度と言われています。

体型は胴長短足で、見るからにアンバランスですが、猫らしい柔軟さを兼ね備えているため、短足によって日常生活に支障をきたすことはありません。ほかの猫と同じように速く走ったり、木や塀によじ登るったりすることもできます。

筋肉質で引き締まった体つき

マンチカンは小型の猫ですが、筋肉質で引き締まった体つきをしています。丈夫な骨格をもち、身体能力は低くありません。少し頼りなく見えますが、実は肉食動物らしい、たくましさを備えた猫なのです。

マンチカンのサイズ(体重と体高)

マンチカンは平均的な猫よりも小さく、成猫のオスの体重は3~4kg程度、メスはそれよりも少し軽めです。また短足のため体高はどの猫よりも低く、2014年3月にカナダで確認されたマンチカンは体高13.6cmという低さであり、世界一低体高の猫としてギネスブックに登録されています。

マンチカンの性格

陽気で人懐っこく好奇心旺盛

マンチカンは、とても陽気で外交的な性格をしています。好奇心旺盛で元気いっぱいであり、遊ぶのが大好きでいろんな物に興味を示します。いたずらの心配はありますが室内飼いでも退屈せずに過ごしてくれます。
さらによく人に懐き、他の猫とも折り合いがつきやすいので、とっても飼いやすい猫です。初めて猫を飼う方にもおすすめです。

マンチカンの毛色

マンチカンの毛色と飼い方

マンチカンはホワイト、ブラック、ブラウン、レッド、クリームなど毛色がとても豊富で、単色のほか2色や三毛、さらには縞模様も確認されています。

マンチカンの飼い方

十分に運動できる環境を用意する

体が小さいマンチカンですが、走り回ったり高いところによじ登るのが大好きです。猫専用の部屋を確保したり、キャットタワーを設置して、十分に運動できる環境を用意しましょう。
ただし足が短いため、大きな段差を苦手としています。キャットタワーを購入する際は、老猫向けのステップが緩やかなものを選びましょう。
狭い室内に閉じ込めるような飼い方は、運動量が不足してストレスが溜まってしまいます。しっかり運動をさせることで肥満を防いで健康維持に繋がります。

長毛のマンチカンは小まめなブラッシングが欠かせない

長毛種のマンチカンは抜け毛が多く小まめなブラッシングが欠かせません。1日1回軽くブラッシングして抜け毛や毛玉を取り除くと良いでしょう。短毛種のマンチカンも光沢のある被毛を維持するために、週1回程度のブラッシングが必要です。

マンチカンのかかりやすい病気

マンチカンのかかりやすい病気と平均寿命

椎間板ヘルニア

足が短いマンチカンは腰に負担がかかりやすく、「椎間板ヘルニア」になりやすいと言われています。特に運動不足や食べ過ぎによって肥満になると、腰を痛める原因になります。
走るのが大好きなマンチカンも高齢になると運動量が落ちます。食事の量をコントロールするとともに、低カロリー・低脂肪の高齢猫向けフードを与えましょう。
ほかにも高い場所から飛び降りたときに腰を痛めることがあります。高い家具などに登りたがる場合は、下にマットを敷くなどして衝撃をやわらげる工夫を行いましょう。

変形性関節症

足が短いマンチカンは関節に炎症が発生する「変形性関節症」になりやすいと言われています。肥満や過度な運動は関節に負担をかけるので気をつけましょう。
遺伝性疾患の場合もあり予防が難しい病気ですが、発症しても鎮痛剤などで症状を緩和することが可能です。歩き方がおかしいなどの異変を感じたら動物病院を受診してください。

マンチカンの平均寿命

マンチカンの平均寿命は11年前後です。日本で猫の平均寿命は15年程度ですから、それよりも4年も短いことになります。平均的な猫よりも寿命が短い原因ははっきりとは分かっていません。

マンチカンの価格相場

マンチカンは短足として生まれない猫も多く、他の純血種との交配が禁じられています。そのため子猫の平均価格は約18万円と高めです。

マンチカンを飼っている有名人

マンチカンはHKT48の指原莉乃、AKB48の高橋みなみ、グラビアアイドルのの今野杏南といった有名人が飼っています。

tags